シトロエンの歴史

シトロエンは、1919年の第一次世界大戦終了直後に動き出した会社です。ここは、素晴らしい歴史を持っているので軽く説明をしていきますね。

 

戦争の後ということも有りかなりの疲弊があったことでしょう。しかしそんな中、アンドレ・シトロエンはヨーロッパにおける自動車の大衆化を目指して会社を設立しました。場所はパリのセーヌ川・ジャヴェル河岸の工場で、現在では記念公園となっています。

 

そして、今の車の基本的な構造を造ったことで有名になるのです。大量生産をし、成功を収め、急成長を遂げました。しかし、1934年に経営危機に陥り、ミシュランに買収されました。

 

そして第二次世界大戦後、イタリアのフィアットやマセラティなどと提携をします。ですが、再び不審になってしまい、プジョーの傘下に入りました。しかし自社のやり方を貫くことが出来たので、今でも素晴らしい自動車を開発しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。