試乗予約をして乗ってみる

シトロエンに興味があるなら、一度試乗をしてみると良いかもしれません。実際に触れることでわかることもあります。そして、必ず購入しなければならないというわけでもありませんので、気軽に体験してみて下さい。

 

実際に運転することは、かなり重要です。いざ買ってから合わなくて乗らなくなったという人が意外におおいので、そうならないためにもおすすめします。WEBなら24時間いつでも予約が可能ですので、利用してみて下さい。場所は基本的にお店で行うので、そこまでは赴かなければなりませんので注意して下さい。

 

自宅から近いところを探しましょう。遠くにしか無い場合もあるので、確認しておきましょう。ちなみに、ディーラーですと大体一番新しいモデルとなります。もっと古いものが良いのなら、別の所見つけて下さい。そして、よく吟味して購入するかを決めて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車以外の車

シトロエンは、乗用車以外も製造しています。それは例えば、貨物車やミニバンなどです。しかもかなり手がけており、約26種類もを発売していました。

 

しかし、現在でも売られているというものは少ないです。路上のアイスクリーム屋用や、特殊車両としては、モニター用試作車、電気自動車、ゲームに出てきた非売品のものなどがあります。特に最後はかなり有名でありますが、もう見る機会はないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紹介しているブログをみる

シトロエンは結構人気のある自動車で、それを記事にしたブログをよく見かけます。そのようなところを覗いてみて、魅力を感じるのもいいかもしれません。しかし、あくまでも個人がやっているものなので、どこまでの情報が獲得できるかはわかりません。

 

しかし、良質なものも存在しているので探してみてはいかがでしょうか。例えば、為になる情報が乗っている、イベントのことや動画がUPされているものはチェックする価値があります。ただし、購入を決める際にはよく考えてからにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディーラー

シトロエンのディーラーを探すことは、そこまで難しくはありません。

 

なにせ地域で差はありますが、広く分布しているかです。

 

購入したいとお考えでしたら、探してみると良いでしょう。

 

WEBサイトも有りますので、そこを利用すればお手軽だと思います。

 

そして、一度訪れてどんなモデルがあるのか確認しておくといいですね。

 

新車だけでなく、中古を取り扱っている店もチェックしておくと幅が広がるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モータースポーツ

a0782_001084

 

自動車会社と言えばレースですね。もちろんシトロエンも、モータースポーツの活動をしました。

 

1990年代にダカールを中心にしたラリーレイドで活躍しています。1991年のアリ・バタネンでの総合優勝を機に、1994~1996年にはピエール・ラルティーグが三連覇を達成しました。

 

このようにかなりの強豪として、その名を轟かせました。日本の三菱にとっては最大のライバルでした。世界ラリー選手権にも参戦していましたが、1986年に一度活動休止します。

 

しかし、その後の2001年にはワークスへ返り咲きました。といっても、すべての年に出場していたわけでは有りません。2006年はお休み、次の年は参加と言った感じです。そして、2004年から2012年まで連勝、マニュファクチャラーも長年に渡り獲得しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインについて

昔のシトロエンの自動車デザインは、かなり良いものでした。特に時代に合ったデザインをしているのがとても良いでしょう。

 
シトロエンの自動車デザインは、とても素晴らしいものです。その時代に合わせた自動車のデザインをしているので、結構好む人が多かったのではないでしょうか。そして、その時代に合わせたデザインでも独特なデザインを入れているので、人によってはシトロエンの自動車のデザインがとてもレトロで素晴らしいと考える人がいるでしょう。また、近年ではデザインを一新してかなりカッコイイ形になっていますね。

 

そして、次の時代に合わせて更なるデザインを考えており、どこかの漫画に出てきてもおかしくはないくらいのとても良いデザインを常に考えて製造しているでしょう。だから、とてもデザインが良いですね。特に私的な考えになりますが、有名なゲームに登場しているGTbyシトロエンがとてもカッコイイでしょう。今後のデザインに強く期待を出すことが出来る自動車です。

 
このようにシトロエンのデザインは良い物が多いでしょう。まあ、人の好みは異なるので全ての人に受け入れられるとは限りませんが、私的に考えてとても良いデザインを昔から製造していると思いますね。これからのデザインに期待が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シトロエン・ジャポンについて

シトロエンは、もちろん日本でも営業をしていました。同名の後ろに「ジャポン」と付いているのがそうです。最初に登場したのは1989年です。ここの本社と、西部自動車販売、そしてマツダの三社によって設立されました。しかし、その後のバブル崩壊で経営が悪化、1998年をもって輸入を停止しました。ここで、完全解散となります。そうしてその後、2001年に日本法人が再度出すことになったのです。この時は、量より質を選んで販売する戦略が取られました。後の2008年にプジョー・ジャポンと統合されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シトロエンの公告

シトロエンは、当時かなりの公告をしていました。それ故に、かなり有名になっている自動車会社です。

 

まずは皆に周知してもらうことが、営業戦略の第一歩だと考えたのですね。中でもすごかったのが、1925年から1936年にかけてエッフェル塔に「CITROEN」の文字を飾らせたというものです。11年もの間、40㎞離れても見えるくらいの大きなものを掲げていました。

 

飛行機を使って、パリの上空に描いとことも有ります。また、ニューモデルを制作する毎にそれのミニチュアカーも作って販売しており、子供の心も掴んでいます。赤ん坊が最初に覚える言葉が「パパ、ママ、シトロエン」と豪語するほどでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シトロエンの歴史

シトロエンは、1919年の第一次世界大戦終了直後に動き出した会社です。ここは、素晴らしい歴史を持っているので軽く説明をしていきますね。

 

戦争の後ということも有りかなりの疲弊があったことでしょう。しかしそんな中、アンドレ・シトロエンはヨーロッパにおける自動車の大衆化を目指して会社を設立しました。場所はパリのセーヌ川・ジャヴェル河岸の工場で、現在では記念公園となっています。

 

そして、今の車の基本的な構造を造ったことで有名になるのです。大量生産をし、成功を収め、急成長を遂げました。しかし、1934年に経営危機に陥り、ミシュランに買収されました。

 

そして第二次世界大戦後、イタリアのフィアットやマセラティなどと提携をします。ですが、再び不審になってしまい、プジョーの傘下に入りました。しかし自社のやり方を貫くことが出来たので、今でも素晴らしい自動車を開発しています。